none!

釣行?記 20080902-20080903 磯マルツアー(WB+山ちゃん)

今回はms担当です。

何気なくtkにtel。「今日行く?」

tk「ああ。俺は行くよ。」と力強い返事。

ms「(む? こいつはなぜこんなに力が入ってる?)・・・で。どこ行く?」

tk「あそこだろ。アレ持ってあそこだよ。今日は凪らしいし。」

ms「・・・」

ms「・・・あそこか・・・今日は山ちゃんも出撃するって言ってたぞ・・・。」

tk「じゃあ。3人で。」<即決(笑)。

夏の後半からずっと狙ったいたものの,準備不足と天候に恵まれず行けなかったポイントがある。

ずばり。

磯マルポイント(笑)。
<訂正。磯マルがいそーなポイント。<たぶんいないケド。(爆)

早速ハニトラ95Sを確認。<いつ使うのか自分でも疑問に思っていたプラグ(笑)。

22:00集合予定。

2人の息子を風呂に入れ,ポケモンごっこをこなし,布団に入って「あかずきんちゃん」と「だいくとおにろく」を読み聞かせる。

・・・子どもが寝ない・・・。こんなときに限って寝ない・・・。

魚の図鑑で一緒に「スズキ」を確認。<5分後に静かになる・・・。蛙の子は蛙(笑)。

時計は21:35。ああ・・・遅刻・・・。

マッハで支度し,光の速度で移動を開始する。

待ち合わせ場所に着くと,2人はすでに渡る準備をしていた。

Isomaru_ms5

・・・?

渡る?

そう。磯マルポイントへ行くには海を渡らなくちゃいけない。

ボートなんかもっていないので,何で渡るかというと・・・

そう。

浮き輪!(核爆)<それもキティちゃん。

Photo

msが3人の竿をもち,浮き輪を装着し,岩礁までバタ足(爆)。夜の海はものすげー怖い。昼間だったらなの躊躇もないのだろうけど・・・。そして岩礁にランディング。次にtk,山ちゃんの順に岩礁の上に立つ。

「じーーーん・・・」三人とも感無量・・・。

うーん。ある意味もうやり遂げた感がある。ここは五島?壱岐?って感じ。
凪とはいえ少しうねりがある。岩礁に当たったうねりが,きめの細かなさらしをつくり出している・・・。

す。すげぇ。糸魚川~上越間でこんな釣りができるとは・・・(笑)。

Isomaru_yama1

早速キャストするとすぐ手前で,山ちゃんにヒット!
手前がドン深な(とゆーか全体的にドン深な)せいもあり,どこでヒットしてもおかしくない。

しかし,手前でバシャバシャっと暴れてフックアウト。

ms,tk。がぜんヤル気!

しかし,渡る時点で大騒ぎしていたせいかバイトがない・・・。

しばらくするとテンションも下がり,キャスト後,うんこ座りしながら「ないなぁ・・・」なんて思いながらリトリーブしていると。

ククン!
逃すかぁっーーー!鬼フックぅっ!

を,かまそうとするもいきなりコチラに向かって突進してくる。

ちなみにmsにとって魚が突進してくるのは初経験。テンションを保とうとして思いっきり巻き取るっ!そこへエラ洗い!ここでやっとテンション回復。

竿を寝かせて巻き取・・・れないっ!

さらに突進してくる・・・。そしてもう一発のエラ洗い&フックアウト・・・。

むー。悔しいが,焦りと経験のなさが如実に表れた一瞬だった・・・。しかしその後は,ノー異常!

もちろん帰りもキティちゃんに命を託す。

1:30。msてっしゅー。

この後tk&山ちゃんは,ウェーディングポイントへ・・・。
<ノー異常だったらしい。

ま。

釣れなかったものの楽しめた。あそこだったらDayGameが成立するのでわ・・・。
次回の凪が楽しみだねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釣行記 20080831-20080901 怒涛の3バラシ!!

最近、波高&多忙でことごとく行く機会を奪われ、悶々としていましたが、やっとこ行ける機会に恵まれたので行ってまいりました。

予報では何とか大好きなウェーディングができそう感じだったので、意気揚々と120kmのドライブを完了。早川のローソンに到着する。

『ズドーン!!』

たまに結構勢いのある波が押し寄せるcoldsweats02

完全に予定が狂ったcrying

こういう時に自分の好きなシャローエリアでの釣りができるところといえば・・・

一箇所だけ思いつく。

準備を整え現地着。

『・・・・』

一見ウェーディングはできそうだが、一定の周期で自分の背丈を越えるうねりがやってくる。

一応あまり立ちこまずにキャストしてみるも、ゴミとサヨリがワンキャストごとに入れ替わり立ち代り引っかかってくるcrying

それでも好きな場所なので1時間ほど粘るもノー。

見切り&移動を決断。

今日は底荒れしにくいゴロタ&水深のあるところを狙うのが得策かと勝手に判断し、某河口に場所を移す。

状況を見ると、勢いのある適度な波(アングラーと魚の思惑が一致するぎりぎりのラインか?)&適度な濁りlovely

早速キャスト開始。

さすがにリップレスシャローランナーは厳しい状況なので、アピール重視で14センチクラスのクリア系(ホントはパール系を使いたいが、今日持ってきた14センチはコレだけ・・・)をチョイス。

こいつは波が高いときでも良く水を掴んで、ちょうど良い?レンジを泳いでくれる非常に頼もしい存在。

ルアー交換することなく1時間ほど粘っていると・・・

『コツッ』

とゴミを拾ったような小さいアタリ。試しに聞き合わせしてみると・・・

『バシャバシャッ!!』

わずか数メートル先でフッコクラスが勢い良く鰓洗い!!

波があるせいか、異常に引く感じがするがそこはパワータックル。ゴリ巻きで何とか寄せる。

しかし、周囲の状況を見て愕然とする。

ランディングできそうな場所が無いcrying

仕方なくバシャバシャ言わせながらランディングできそうな場所へ移動。

しかし、こういうときに限ってセットが入っており、ずりあげても魚を取りに行けない。

そんなこんなで波と格闘していると、当然のフックオフ。もみくちゃにされながらオートリリース成功shock

気を取り直して、フックのチェックをした後キャスト再開。

数投後・・・

『ガコッ!!』

今度は明確な反転バイト。またもや元気良く鰓洗い!!

サイズは先ほどと変わらない。

今度はランディング場所を考慮したポイント選択だったが・・・

ずりあげ最中引き波に揉まれて無念のフックアウト。サイズがサイズだったので&今日はキープする予定では無かったので良しとする?

またまた気を取り直してキャスト再開。

すると・・・

『コツッ』

一匹目と同じようなアタリ。今度は鬼アワセ!!

どうやらスクールにあたったみたいhappy02

当然サイズは先ほどと同サイズ。元気良く鰓洗いしている。

このサイズにはこの楽しみがある(言い訳)

しかし、今度もずりあげ最中に引き波にやられてフックアウト・・・

波のあるゴロタでのランディングは難しいweep

その後うそのようにアタリは止み、その日の夕方から仕事だったので納竿とした。

ゲットはならなかったが、シーバスの引きは堪能できた。

水温も落ち着いてきているみたいなので、そろそろ良い釣りができそうだheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上越温泉めぐりの巻&分析 20080808-20080809

暇が取れたので懲りずに行ってきました。

今日はms氏との釣行。2人とも(特にms氏)結構行ってるが日程が会ったのは実は久しぶり。

夜は長い(2人の体力では)のでまずは釣具屋にて釣具を物色&釣具談義。

あっという間に時間は過ぎた。

ここでms氏は家庭の事情(謎)からゴムを購入。といってもあのゴムではありません。このゴムです(意味不明)

自分の大好きなタイスリ120の廃盤カラーとアクエリアスのベーシック120のシャローがかご売りされてたので即バイト。このルアーぶっ飛びなんです。(最近飛ぶルアーしか使えなくなってる自分が悲しいweep

そんなこんなの第一ポイント。

実は120kmの道中隊長と相談した結果、いずれの場所も相当の苦戦を強いられるが(後の分析コーナーもご覧ください)強いて言えば(実は隊長すぐに行ける環境にいながらあまり竿を出していない。3投でやめた日もあるとか・・・)あそことあそことあそこだろうと3箇所教えていただき、ms氏と協議した結果2箇所を回ることにした。

ここは比較的ぬるめの湯。しかも足湯でなく腰までしっかり浸かれる場所。

相変わらず気持ちよいconfident

しかし状況は厳しい。投げれど投げれどノーバイト。

帰り際、川からダツが下ってきて一瞬ひるんだが、そそくさとその場を後にした。

続いて第二ポイント。

ここは比較的熱めの湯。通常腰まで浸かれるが、場合によっては胸、首辺りまで浸かれる?場所。

去年の今頃はシーバスの宴が催されているようだが、今年はどうやら開かれていない模様。ちなみにms氏のホームグラウンドである。

そのms氏曰く、今日も駄目な感じらしい。

一時間ぐらい投げて、ノーバイトで若干のぼせてその場を後にする。

泣きのもう1ポイントということでそこで朝を迎えることに。

もちろん異常なし。

完敗ですcrying

っとここまでは釣行記でここからは少し自分なりに釣れない理由を分析してみました。

まず一番大きな理由は”腕”です。

こればかりはこれから克服していくしかなさそうです。

二番目に考えてみたのは”水温”です。

以下をご覧ください。

Sstd_20080808_5

     

Sstd_20070808_4

Sstd_anm_20080808

上から今年の8月8日、去年の8月8日、今年の水温に対する平年差です。

平年差がなんと2度近くあります。比較的好調だった去年と比べても一目瞭然。

最後に去年の9月のをご覧ください。

Sstd_20070908

不調だった去年9月と今年の今頃が大体似たような(大雑把すぎ・・・)感じとなっております。

これからどう推移していくかわかりませんが8月がこの暑さですから、9月は一体・・・

考えただけで恐ろしいです。

まあこんな状況ですが、釣ってる人はちゃんと釣ってます。

まずは水温低いところを探すことから初めてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がっつりノーな感じ。 2008/07/29-07/30(WB)

tkと山ちゃんからサヨリ発生の報を聞く。

いよいよか~!ms。昼から気合い十分。

濁り・波確認。いー感じがする。

20:30。陸っぱりポイントイン。
21:00。tk合流。

ノー異常!

22:30。ポイント移動。

ちょい濁り,ちょい波。
ディープウェーディング展開。

ノー異常!

01:00。てっしゅー!

あきらめきれずmsのみ泣きの陸っぱり。

03:00。

ないっ!なんもないっ!

すげー疲労困憊・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また雨。 2008/07/28(ms)

先日のバラしがいじょーに悔しい。

なぜ,あそこで無理にでもネットに入れなかったのか!?

む~。眠れぬぅぅぅっ!こうなったら・・・

1:00。出撃!

今日は,ウェーディング。それもがっつりオフショアへ。
濁りなし,うねりあり。上げてきてるのでちょい危険。

しかし中毒症状の出ている状態なのであんまり気にしない。

ここんところ,シャローランナーよりも,ちょい下目で
よく泳ぐルアーがいい気がする。

したがって,烈波120きらめきチャート(新品)で勝負っ!

の一投目!

根掛かり・・・。

そして,ロスト。

オフショアでラインを結ぶ。
最近速くできるようになってきたものの,波がガンガンと当たる状態で
ラインを結ぶのはつらい・・・。

そして!

雷雨!

踏んだり蹴ったり。
てっしゅーですよ。てっしゅー。

むぅぅぅぅ。今日も出てやる!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バラす! 2008/07/26(ms)

海に泳ぎに行こうかな~と,朝,海を見に行くと・・・。

波があって,濁っている・・・。
「む。これは,泳いで体力を使うべきではない」と,判断。

一日を大人しく過ごし,上げの時間帯に突入と同時に起床。
支度を調え,Go!

1:30
先日上げたポイントへイン。もう濁りもとれ,波も落ち着いていた。
「む~。厳しいかもしんない。」
まあ,ダメでも今日は,ココと近くのウェーディングポイントを回る予定。

30分くらい投げたあたりで,潮の流れを感じ始めた。
丁寧にリトリーブっ。

って突然,

「バシャバシャ!」


30m前方。水面で暴れるシーバス。下から食い上げてきたので,
アタリはなし。竿を倒し,ねじ伏せつつフッキング。

近くへ寄せても暴れまくり。ライトを当てるとでかいっ。
どおりで重い。

そこで思う・・・。

「・・・うまそう・・・」<これがイカン・・・。

竿でコントロールしながら,ネットのそばへ寄せて・・・,一回目は失敗。
落ち着いてもう一回寄せて・・・突然下に向かって泳ぐシーバス!

竿がしなり,ドラグが「ジジーッ」っとうなるっ!

「ぱぁんっ!」

「・・・」

「あああああああっ・・・」

・・・バレてもいいんだけどほぼ新品のF11タイダルを返してくれ・・・って感じ。
残念感全開!

と,同時にすさまじい雨。

しょうがないので,てっしゅー。
ところが,これは通り雨だった。ああ。もう少し粘ってもよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未知の大物? 釣行記 20080722   by tk

いつも通りぼんやりバイトをしていると(なぜかメンバーのほとんどは仕事の事をバイト

と呼んでいる:釣りが本業という意)、携帯が鳴った。メールだ。

『わしのかたきをとってみて・・・優しいのはキスだけでした・・・』

「????」

Mさんからだ。そういえば昨晩行くっていってたにゃ。

優しいのはキスだけ?? なにい!!そんな酷い輩がいるのきゃ!!

行くしかない!!今晩!!!(いえいえきっとキスは釣れたよって意味)

そして最近はバラシが多すぎていかん。バラシが惜しいなんて事はないし、

キャッチしてナンボ!!妙に燃えてきた(独りで・・・)。

22時 出撃。お手軽ポイントに行ってみるも潮がピターっと止まってる。

なみっけも無し。移動!!

23時 シャローなポイント到着。 早速鬼ウェーディング。今日は独りなのに

きっとちょっと頭がやられている。

レンジを上から丁寧に攻めて、ルアーサイズもいろいろ試すが反応無し。

本日購入のサスケ裂波 チャート でレンジを下げてみる。

すると、根がかった。あちゃ~ 攻めすぎたなと竿をあおった瞬間、

ドラグが「じぃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」止まらない。

そのまま20分ほど格闘。 エイだ。やっちまった。しかも、きっとかなりでかい。

あげてみたい。でも、あがったらきっと困るな。すんごい困る。どうやって

ルアーはずそうかな。刺されたら嫌だな。下手するとショック死するらしいし。

とかいろいろ考えているうちに手前でラインブレイク!!

シーバスタックルではちょいと手強すぎたみたい。まあでも超外道だけど

おもしろかった。あれ でも今日もやっぱりバラシてます。反省の日々は続く。

やっぱり優しいのはキスだけでした・・・・・orz

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

Fresh Water | get! | M | ms | none! | S | tk | W.P.S.F | ブツ | 佐助 | 山ちゃん | 隊長