ms

また自分でキャッチせず・・・。 釣行期2009/01/27

波浪予報とにらめっこ。
どーも明日では,凪すぎ。
今日はびみょーに高いか?

ええーいっ。ままよっ。

「出撃!」とみんなにキャストしてみる。

2時間後・・・ヒット!
<山猿氏より入電。「今日と明日両方行きます!」
<むむ。漁師だな。この人。catface

一緒に出撃決定!happy01

波が高めということでポイントが限られる。

そんな中ポイントイン。

やはり波が高い。
手前ではルアーがもみくちゃにされるので,
キャストして30巻きくらいしたら,後は竿を立てて回収モード。

・・・1時間後・・・

ないっ。

ルアーももうそろそろ一通り投げたし。
移動かなぁ・・・と思っていたところ。

先日ヒットしたギラッとしたでかいヤツがまだルアーケースの
奥の方に眠っているじゃありませんか。shine

よーし。そやつを一発投入するか!と
一投目。

「ククク」
<む?happy02

軽くあわせてみる。食わない・・・?

「ククッ」
<まだ,ルアーに当たってくる。
<??? とりあえずフッキングっ。catface

あれ?テンションが消えた・・・。

今のは?despair

と思った瞬間,竿が右にうにょーんっ!
どーも,食った後はこっちに向かっていたらしい。
そして右に。

しかし・・・ちょっと軽い。よーな気がする・・・。
この当たり方と,軽さ。
なんだろコレ?!

とりあえず山ちゃんを呼ぶ。

「やまちゃーん!何か釣れたーーーーーーーっ!」

近くまでよせてくるとシーバスっ。
<ありゃ?

「やまちゃーん!きゃっちしてーーーーーーーっ!」
<だって,波が高くて一人じゃきゃっちでないって・・・

山ちゃんがルアーを回収してこっちへ向かっているとき。

げっ。ルアーをものスゲー飲み込んでる・・・。
それもアタマからガブッ。
<これだとリーダーもって抜いてもバレることはない・・・。
<でももう山ちゃんよんじゃったし・・・

山猿氏によって,ハンドキャッチ!
<グリップでだけど
<ごめんよーーーっ。山ちゃん。

この後,しばし粘るがノーな感じなので,移動。

移動した先でも
ちょっといいサラシができてるものの
1時間ちょっとやってノーな感じ。

お互いに明日,仕事のある身なので,撤収と相成りました。
Msget1

山ちゃん魂のキャッチの66cm。<ありがとーhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サラシの中には初夢が~~~。   あると思います。 釣行記20090121

今年に入り3バラシ。
へたれにもほどがある大失態・・・。

そろそろリベンジをせねば・・・。

波浪予報と相談してみる。
20日は波高2.5~3.0m
21日は波高0.5m

むぅ。20日は高すぎ。21日は低すぎ。

ええぃっ。だったら・・・。

20日23:00。出撃。
某陸っぱりポイント。

いきなり逝けるくらいの高波。

退却。

満を持して21日19:30。
ぼやぼやしていると波が落ちるので,仕事貯まりまくり上等で出撃。

ポイントイン。先行者1名。

いーサラシがあるじゃないですか。

数投後。先行者さんにヒットっ!
タモ入れで協力する。<ホントはそんなよゆーはないけど,よゆーのあるふりをしてみる(笑)。

その後はがぜんガチモード。
サラシがうすーく消えていく際めがけてギラッとしたでかいヤツを投入。
<狙えるほどの腕はないけど,本人はものすっごい狙ってるつもり(爆)。

泳ぐか流されるかのギリラインでリトリーブ。

そしたら「ク。」
<ム? ちょっとトゥイッチ入れてみる・・・。

そしたら「クククッ」
<!!!! フッキングっーーーーー!

きました。いーーーー引き。
<しばらく釣れてなかっただけに感動・・・。
後はばらさずキャッチするだけ。

ここで,先行者の方がキャッチに協力してくれて無事ゲット。
<自分でキャッチしてないじゃん・・・。

Ms2009_01

今年初釣果。79cmと認定。

よーしっ。

たまった仕事しよっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

釣行記 20080913-0914 くろちゃんですっ!Ⅱ(ms)

ガマンできないっ。

ガマンできないよーーーーーーっ!

っつーワケで出撃っ。

しかし,いろいろな意味で体力を温存しておかねばならず,短時間の釣行。
となると,そう。もう一点買い!

サヨリがいよーがいまいがそこで投げるのさ。回遊待ち万歳。

なにわともあれウェーディング。

キャスト開始後,東方向に少々潮の流れを感じる。1時間ほどキャストするもノーっ。

ちょっと場所を変え,ウェーディングの方向を西側に変えるもノーっ。

2時間経過・・・。

心が折れる。
「ああ。ないんだ。出家だ。出家するんだオレ。」

そういえばさっき,東側は潮が流れていたっけ。そだっ。ウェーディングしてるんだから振り向けば東じゃん。

さっそくキャスト。

着水後。

「ゴッ」<ムフ。おりやっ!っとふっきんぐ。

何かが岸に向かって走り出す。

重い。でかいぞっ!って,これは単にいい引きしてるだけ???

とすると・・・。

全然洗わない。

どーんっ。

Dsc00035

くろちゃんですっ!Ⅱ

最近ブームのハンドランディング。40cmでした。

本命ではないが・・・

くろちゃんはうまいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣行記 20080905-0906 やっとこ・・・Ⅱ(ms)

山ちゃんの怒濤のバラし。先日の自らのバラし。

どーにもこーにも収まりがつかない。
<よって単独釣行へ。

ちょっと話題を変えますが・・・

人によって考え方が違うと思うんだけど。
ms的には,そこにシーバスがいれば,ベイトサイズやカラー,レンジを考慮したルアーセレクトで割と早い段階でヒットしてくる。

数投でヒットする経験がそれであると思う。

しばらくキャストしてバイトがない場合は,そこにいないと判断する。
<tkは引き出せていないと判断する。そして引き出すために策を講じる。
msはそこにいないと判断するので,回遊待ちモードになる。すると潮の流れが必要になる。<ルアーは定番に変えてひたすら待つ。

潮が流れない状況で,ノーバイトが続く経験。
潮が流れている状況で回遊を待ち,バイトに持ち込むような経験がそれであると思う。

つまり。ある程度探っていなければ,重要なのは潮の流れっつーことですな。
<まあ,こんな当たり前のこと書くなよっ。って,思うかもしれませんが,今回の釣行はそのあたりを明確にしつつ出撃した釣行だったのです。

今回の釣行は,それぞのれポイントでキャストする時間を40分に限定して,行けるところまで行く!という目標。

で。陸っぱり,ちょいウェーディング,ディープウェーディング,ディープウェーディングと4カ所回った時点でノーバイト。潮の流れも感じられない・・・。

最後は頼みの綱の泣きポイント。上げ止まりの時間帯へ突入しつつあるものの,潮は流れてる!これわっ。

と思い,キャストを続ける。デット,ミディアム,ファスト。ルアーを変えてトップ,ちょい下。ウォブリング,ローリング。などといろいろ試すがノーな感じ。
<いつもは同じルアーで待つが,今日は色々試す。<がぜんヤル気!

じゃあ・・・,リトリーブに変化を付けて・・・
デッド→ファスト→デッド→ファスト=ヒットぉっー!

ファストになった瞬間ククン!

軽いあわせをしつつ,寝かせてゴリゴリっと寄せる。<ちと軽い・・・。

一人だけど慌てない・・・っとタモでキャッチ!

Ms080906_2

50cmくらいのフッコくんでした。
それでも立派なお魚クン。我が家の夕食に決定。大切に残さずいただきました。

目標を達し,結論としては潮なの?というコトになるんだけど,
こんだけ回ると時間は朝マズメ。
時間帯だったんじゃないのーーーー!ってコトにもとれるんですよね。

まあ,これから少しずつ検証ってコトで。

しかし,疲れた・・・。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

釣行?記 20080902-20080903 磯マルツアー(WB+山ちゃん)

今回はms担当です。

何気なくtkにtel。「今日行く?」

tk「ああ。俺は行くよ。」と力強い返事。

ms「(む? こいつはなぜこんなに力が入ってる?)・・・で。どこ行く?」

tk「あそこだろ。アレ持ってあそこだよ。今日は凪らしいし。」

ms「・・・」

ms「・・・あそこか・・・今日は山ちゃんも出撃するって言ってたぞ・・・。」

tk「じゃあ。3人で。」<即決(笑)。

夏の後半からずっと狙ったいたものの,準備不足と天候に恵まれず行けなかったポイントがある。

ずばり。

磯マルポイント(笑)。
<訂正。磯マルがいそーなポイント。<たぶんいないケド。(爆)

早速ハニトラ95Sを確認。<いつ使うのか自分でも疑問に思っていたプラグ(笑)。

22:00集合予定。

2人の息子を風呂に入れ,ポケモンごっこをこなし,布団に入って「あかずきんちゃん」と「だいくとおにろく」を読み聞かせる。

・・・子どもが寝ない・・・。こんなときに限って寝ない・・・。

魚の図鑑で一緒に「スズキ」を確認。<5分後に静かになる・・・。蛙の子は蛙(笑)。

時計は21:35。ああ・・・遅刻・・・。

マッハで支度し,光の速度で移動を開始する。

待ち合わせ場所に着くと,2人はすでに渡る準備をしていた。

Isomaru_ms5

・・・?

渡る?

そう。磯マルポイントへ行くには海を渡らなくちゃいけない。

ボートなんかもっていないので,何で渡るかというと・・・

そう。

浮き輪!(核爆)<それもキティちゃん。

Photo

msが3人の竿をもち,浮き輪を装着し,岩礁までバタ足(爆)。夜の海はものすげー怖い。昼間だったらなの躊躇もないのだろうけど・・・。そして岩礁にランディング。次にtk,山ちゃんの順に岩礁の上に立つ。

「じーーーん・・・」三人とも感無量・・・。

うーん。ある意味もうやり遂げた感がある。ここは五島?壱岐?って感じ。
凪とはいえ少しうねりがある。岩礁に当たったうねりが,きめの細かなさらしをつくり出している・・・。

す。すげぇ。糸魚川~上越間でこんな釣りができるとは・・・(笑)。

Isomaru_yama1

早速キャストするとすぐ手前で,山ちゃんにヒット!
手前がドン深な(とゆーか全体的にドン深な)せいもあり,どこでヒットしてもおかしくない。

しかし,手前でバシャバシャっと暴れてフックアウト。

ms,tk。がぜんヤル気!

しかし,渡る時点で大騒ぎしていたせいかバイトがない・・・。

しばらくするとテンションも下がり,キャスト後,うんこ座りしながら「ないなぁ・・・」なんて思いながらリトリーブしていると。

ククン!
逃すかぁっーーー!鬼フックぅっ!

を,かまそうとするもいきなりコチラに向かって突進してくる。

ちなみにmsにとって魚が突進してくるのは初経験。テンションを保とうとして思いっきり巻き取るっ!そこへエラ洗い!ここでやっとテンション回復。

竿を寝かせて巻き取・・・れないっ!

さらに突進してくる・・・。そしてもう一発のエラ洗い&フックアウト・・・。

むー。悔しいが,焦りと経験のなさが如実に表れた一瞬だった・・・。しかしその後は,ノー異常!

もちろん帰りもキティちゃんに命を託す。

1:30。msてっしゅー。

この後tk&山ちゃんは,ウェーディングポイントへ・・・。
<ノー異常だったらしい。

ま。

釣れなかったものの楽しめた。あそこだったらDayGameが成立するのでわ・・・。
次回の凪が楽しみだねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釣行記 20080817-20080818 やっとこ・・・

080817tk_5

隊長には来るべき時に備えてお金と英気を養っておきなさいと、暇さえあれば海に行ってしまう自分に謹慎命令が出ていたのですが、どうしても我慢できずに行ってしまいましたbleah

結果から言うと、山猿1Get、tk氏1Getですhappy02

前半部は山猿が担当し、後半部はtk氏が執筆します。

<前半・山猿担当>

昼頃、ms氏より入電。

ms氏情報では雨によりどこも濁りは良好。ただし波は高いのではないかという情報。

ここまでは予定通り。

泡&昼寝にて体力・気力を十分に充電しておく。

充電完了後、とりあえずお手軽ポイントの様子を見に行く。

『・・・・coldsweats02

ショアブレイクは結構な波力だが、波向きの関係か?肝心の根回りのサラシが全く足りない。

完全に予定が狂った。自分的にはここでササっと揚げて・・・

なんて大甘な考えでいましたがやはりそううまくはいかないのが釣り。

ms氏の提案する、とある流れ込みまわりを探ることに。

現場に着くと、結構な波。だができないというわけでは全く無い。

しばらく探るが無反応。

3人そろったところで移動。

第二ポイント。

ここは先ほどと同じく若干波っ気があるときに実績の場所・・・

が、今日は波ありすぎ

何とか集中力を切らさぬよう投げてはいるものの、なんと言うか、うまくアピールできていない感じがしてどうも集中できない。協議の結果移動を決断。

ここでtk氏少し気になるところがあるというので3人で行ってみる。

着いてみて驚いたhappy02

釣りビジョンの磯マルの番組に出てきてもおかしくないような?とっても美しいロックな場所がそこにはあった。

ただ、今日は(今日に限らず)そのポイントに入るには若干の努力が必要な模様(謎)

いつか装備を整えて行ってみたい場所である。

そんなこんなで第三ポイント。

いろんな意味で鉄板ポイント。

まずはうねりに体を揺さぶられながらウェーディング(変態)

まずは最近のフェイバリットルアーぶっ飛び1号(仮称)を60m先に投げる(若干の横風を受けながらも、ほんとにコレくらい飛んじゃうんです)

一投目・・・無い(予定通り)

二投目・・・4分の1くらい巻いたところで・・・ヒット!!!wink

遥か沖で元気にエラ荒いhappy01

サイズは小さいようだが、最近の波っ気&雨のおかげで溶存酸素量が増したのか元気がイイup

沖で掛かったので凄く楽しい

しばらく堪能した後、ms氏のナイスタモ技にて無事ランディング。

56㎝でした

080817yama_2

サイズはともかく、嬉しい一匹でした。

とここまでで前半終了。後半はtk氏にバトンタッチします。

<後半戦・・・tk>

あい。交代いたします。tkです。

山ちゃんゲットのポイントで粘るもおいらがセイゴクラスを

バラすのみでもうバイトは無し。波も半端じゃなく高くなってきて

頭からうねりをくらって一時海中に没する始末。

『シャローエリアでは限界だ・・・』

と判断して、泣きのポイントへ移動することに。

最終ポイントは十分水深のあるポイント。最近シャローエリアの水温が

高すぎるのが気になっていた為、一か八か水温の安定したこのポイントで

やってみる事に。

ポイントインして30分。波高はどんどん上がり、すぐ目の前で波頭が崩れ、打ちつけた

波を頭からかぶっても黙々とキャストを続ける3人wave・・・・・完全に頭がやられているhappy02

ディープ目に攻めたが反応がないので、隊長から教わった必殺ルアーで

浅いレンジを探る。こんなに波があるのによく水をつかんで泳いでくれる。

と・・・感心していた瞬間。    ヒット!!sweat01  はるか沖で元気よくジャンプする

シーバスを確認。波に揉まれながらランディングすると山ちゃんが波をかぶりながら

懸命にボガってくれた。  64センチ 2.7キロ まあまずまずのサイズ。

01tkget2008081864cm_2

本日は渋いながらも何とかゲットできた。サヨリはいたるところに確認できたが

やはりベイトが居ても水温、潮通し、水深、ストラクチャー、などいろいろな要因が

揃ったポイントでなければ渋い。

でも、今回の数日の荒れで状況は少し良くなったような・・・気がしたtkですた。。。

| | コメント (3)

上越温泉めぐりの巻&分析 20080808-20080809

暇が取れたので懲りずに行ってきました。

今日はms氏との釣行。2人とも(特にms氏)結構行ってるが日程が会ったのは実は久しぶり。

夜は長い(2人の体力では)のでまずは釣具屋にて釣具を物色&釣具談義。

あっという間に時間は過ぎた。

ここでms氏は家庭の事情(謎)からゴムを購入。といってもあのゴムではありません。このゴムです(意味不明)

自分の大好きなタイスリ120の廃盤カラーとアクエリアスのベーシック120のシャローがかご売りされてたので即バイト。このルアーぶっ飛びなんです。(最近飛ぶルアーしか使えなくなってる自分が悲しいweep

そんなこんなの第一ポイント。

実は120kmの道中隊長と相談した結果、いずれの場所も相当の苦戦を強いられるが(後の分析コーナーもご覧ください)強いて言えば(実は隊長すぐに行ける環境にいながらあまり竿を出していない。3投でやめた日もあるとか・・・)あそことあそことあそこだろうと3箇所教えていただき、ms氏と協議した結果2箇所を回ることにした。

ここは比較的ぬるめの湯。しかも足湯でなく腰までしっかり浸かれる場所。

相変わらず気持ちよいconfident

しかし状況は厳しい。投げれど投げれどノーバイト。

帰り際、川からダツが下ってきて一瞬ひるんだが、そそくさとその場を後にした。

続いて第二ポイント。

ここは比較的熱めの湯。通常腰まで浸かれるが、場合によっては胸、首辺りまで浸かれる?場所。

去年の今頃はシーバスの宴が催されているようだが、今年はどうやら開かれていない模様。ちなみにms氏のホームグラウンドである。

そのms氏曰く、今日も駄目な感じらしい。

一時間ぐらい投げて、ノーバイトで若干のぼせてその場を後にする。

泣きのもう1ポイントということでそこで朝を迎えることに。

もちろん異常なし。

完敗ですcrying

っとここまでは釣行記でここからは少し自分なりに釣れない理由を分析してみました。

まず一番大きな理由は”腕”です。

こればかりはこれから克服していくしかなさそうです。

二番目に考えてみたのは”水温”です。

以下をご覧ください。

Sstd_20080808_5

     

Sstd_20070808_4

Sstd_anm_20080808

上から今年の8月8日、去年の8月8日、今年の水温に対する平年差です。

平年差がなんと2度近くあります。比較的好調だった去年と比べても一目瞭然。

最後に去年の9月のをご覧ください。

Sstd_20070908

不調だった去年9月と今年の今頃が大体似たような(大雑把すぎ・・・)感じとなっております。

これからどう推移していくかわかりませんが8月がこの暑さですから、9月は一体・・・

考えただけで恐ろしいです。

まあこんな状況ですが、釣ってる人はちゃんと釣ってます。

まずは水温低いところを探すことから初めてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がっつりノーな感じ。 2008/07/29-07/30(WB)

tkと山ちゃんからサヨリ発生の報を聞く。

いよいよか~!ms。昼から気合い十分。

濁り・波確認。いー感じがする。

20:30。陸っぱりポイントイン。
21:00。tk合流。

ノー異常!

22:30。ポイント移動。

ちょい濁り,ちょい波。
ディープウェーディング展開。

ノー異常!

01:00。てっしゅー!

あきらめきれずmsのみ泣きの陸っぱり。

03:00。

ないっ!なんもないっ!

すげー疲労困憊・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また雨。 2008/07/28(ms)

先日のバラしがいじょーに悔しい。

なぜ,あそこで無理にでもネットに入れなかったのか!?

む~。眠れぬぅぅぅっ!こうなったら・・・

1:00。出撃!

今日は,ウェーディング。それもがっつりオフショアへ。
濁りなし,うねりあり。上げてきてるのでちょい危険。

しかし中毒症状の出ている状態なのであんまり気にしない。

ここんところ,シャローランナーよりも,ちょい下目で
よく泳ぐルアーがいい気がする。

したがって,烈波120きらめきチャート(新品)で勝負っ!

の一投目!

根掛かり・・・。

そして,ロスト。

オフショアでラインを結ぶ。
最近速くできるようになってきたものの,波がガンガンと当たる状態で
ラインを結ぶのはつらい・・・。

そして!

雷雨!

踏んだり蹴ったり。
てっしゅーですよ。てっしゅー。

むぅぅぅぅ。今日も出てやる!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バラす! 2008/07/26(ms)

海に泳ぎに行こうかな~と,朝,海を見に行くと・・・。

波があって,濁っている・・・。
「む。これは,泳いで体力を使うべきではない」と,判断。

一日を大人しく過ごし,上げの時間帯に突入と同時に起床。
支度を調え,Go!

1:30
先日上げたポイントへイン。もう濁りもとれ,波も落ち着いていた。
「む~。厳しいかもしんない。」
まあ,ダメでも今日は,ココと近くのウェーディングポイントを回る予定。

30分くらい投げたあたりで,潮の流れを感じ始めた。
丁寧にリトリーブっ。

って突然,

「バシャバシャ!」


30m前方。水面で暴れるシーバス。下から食い上げてきたので,
アタリはなし。竿を倒し,ねじ伏せつつフッキング。

近くへ寄せても暴れまくり。ライトを当てるとでかいっ。
どおりで重い。

そこで思う・・・。

「・・・うまそう・・・」<これがイカン・・・。

竿でコントロールしながら,ネットのそばへ寄せて・・・,一回目は失敗。
落ち着いてもう一回寄せて・・・突然下に向かって泳ぐシーバス!

竿がしなり,ドラグが「ジジーッ」っとうなるっ!

「ぱぁんっ!」

「・・・」

「あああああああっ・・・」

・・・バレてもいいんだけどほぼ新品のF11タイダルを返してくれ・・・って感じ。
残念感全開!

と,同時にすさまじい雨。

しょうがないので,てっしゅー。
ところが,これは通り雨だった。ああ。もう少し粘ってもよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Fresh Water | get! | M | ms | none! | S | tk | W.P.S.F | ブツ | 佐助 | 山ちゃん | 隊長