« Fresh Water編 釣行記 20090323 ダム湖のトラウト | トップページ | 釣行記 20090509-20090510 転倒2度、ステラ浸水の代償 »

釣行記 20090505 ルアー3個の代償

前日tk氏よりメールあり。

出撃するというので自分も翌日仕事ながら(狂気の沙汰)強行出撃を決める。

当日、tk氏と合流。夕飯を貪り食いながら作戦会議。

最近はマズメのテトラがらみか川筋が調子よしということなので、協議の結果川筋を探っていくことに。

第一ポイント

某河口。紛れもない超メジャー、超実績ポイント。

まずは川筋を探るが、ゴミが浮遊していてまったく釣れる気がしない。

さらには足場がとても悪いので10投もしないうちに川筋を離れる。

自分は一気に川筋を離れ、tk氏は少し離れたところで再開。

回遊を待って黙々とキャスト、キャスト、キャスト。

が、いい感じに流れている潮とは裏腹に無反応weep

しばらくしてtk氏が自分と近場のポイントへイン。

どうもtk氏にもアタリはないらしい。

ただ実績はあるので少し粘ってみる。

あまりにも無反応なので柄にもなくシンキングペンシルを使ってみる。

その3投目、がっちり地球をフッキングsweat01

壮絶なファイトの末華やかに殉職crying。ルアーロスト本日1個目(2255円 With Taxes included)。

ラインシステムを組みなおしていると、tk氏が自分と近場のポイントへイン。

話を聞くとどうやらアタリはないらしい。

しばらく黙々とキャストを続けていると・・・

tk氏が足元でヒットsign03

『ちっちぇーーー』とはtk氏談

確かに鰓荒いを見ていると小さそう・・・

仲間がヒットした際にはヘルプに行くのがアングラーとして当然の行為だろうが、移動に大変な労力とある程度の危険(Gohandesuyo's Trap?)を伴うこと、魚が小さいことから今回はヘルプを見送った。

するとtk氏が意を決したようにリーダーを掴んでの抜きあげに入ると・・・

『ぼちゃん・・・』

オートリリース成功?

tk氏ほんとにすいませんでしたsad

その後、tk氏にアタリがあるも自分には一切なしshock

tk氏にもアタリがなくなったところで移動。

第二ポイント

ここは鱸の良ポイントであると同時に第一級心霊ポイントnight

が自分はあまりここは感じない。あるポイントは強烈に感じるんですが・・・

ちなみその感じる場所で自分は2回転倒(転倒の経験はここだけ)しているし、鍵を危うく失うところだった。

あそこは絶対いる。が、時期が来れば鱸も必ずいる。

話は戻って第二ポイント。手前は浅すぎて釣りにならないので少し前に出て岩に乗る。

沖はいい感じで潮が流れている。

しばらくしてtk氏にヒットhappy01

遥か沖で元気に鰓荒いshine

が、すぐにばれてしまうbearing

その後自分にはアタリがなく、やけくそになってシンキングペンシルをど遠投して気分をリフレッシュさせる。

5投目、見事に手前の根にフッキングsweat01

こちらも壮絶なファイトの末殉職(1800円 With Taxes included)

その後ルアーをとっかえひっかえしていくが、自分にはアタリなし(下手糞)

やや落ち込みながらルアーボックスを覗いていると、ひとつだけタイプの違うルアーがあったflair

今までローリング系でローテしてきたが、これはいまどき珍しいブリブリウォブリング系。

迷わず投げてみる。

その二投目、手前の根の右側を通過する辺りで

『ドスン・・・』

根掛かりと間違うほどの重いバイト&ヒットsign03

すかさず根から引き剥がすangry

至福の時間が流れていく。

さて問題はここから。さっきのtk氏と同じような状況でランディングが極めて難しいシチュエーション。もちろんタモがあればどうってことないんだが・・・

はじめは抜きあげようと思ったが、手前に来て魚体をみてびっくり。以外にデカい。

ズリアゲを試みるが波もあって到底自分の腕では無理。

仕方ないので空気を吸わせて徹底的に弱らせてからオーシャングリップを使ってのランディングを試みる。

これも相当難しい。魚体が予想に反して重いことに加え、波が立つ場所にいるためうまく魚を自分のところに誘導できないsweat01

相当苦戦を強いられたが何とかランディング成功happy01

内臓脂肪びっちりの自分とよく似た76センチゲットscissors

Brog_2

その後休憩を挟みキャストを再開するもヒットルアーを殉職させてしまい(2100 With Taxes included)戦意喪失。本日3つ目shock

tk氏より一足先に陸へ上がる。

tk氏にもアタリはなくなったのでここで納竿とした。

(もっとやりたかったであろうにプレッシャーかけてすいませんでした。決して早く帰りたかったわけじゃないんです。ルアーなくしてほんとに戦意喪失してたんです。)

ここ最近状況が上向いていることは前々から釣行を経て感じていたが、今回はそれが結実した釣行となった。

次回が楽しみでたまらない。

そんな今日この頃です。

ではこの辺で。

|

« Fresh Water編 釣行記 20090323 ダム湖のトラウト | トップページ | 釣行記 20090509-20090510 転倒2度、ステラ浸水の代償 »

get!」カテゴリの記事

tk」カテゴリの記事

山ちゃん」カテゴリの記事

コメント

やるね!山ちゃん。

やるねぇっっ!

はい。次。次。smile

投稿: ms | 2009年5月11日 (月) 13時09分

俺も
早く次のレポート見たい!
ワクワク ワクワクsmile

投稿: w.p.f | 2009年5月12日 (火) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1074062/29489385

この記事へのトラックバック一覧です: 釣行記 20090505 ルアー3個の代償:

« Fresh Water編 釣行記 20090323 ダム湖のトラウト | トップページ | 釣行記 20090509-20090510 転倒2度、ステラ浸水の代償 »