« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

サラシの中には初夢が~~~。   あると思います。 釣行記20090121

今年に入り3バラシ。
へたれにもほどがある大失態・・・。

そろそろリベンジをせねば・・・。

波浪予報と相談してみる。
20日は波高2.5~3.0m
21日は波高0.5m

むぅ。20日は高すぎ。21日は低すぎ。

ええぃっ。だったら・・・。

20日23:00。出撃。
某陸っぱりポイント。

いきなり逝けるくらいの高波。

退却。

満を持して21日19:30。
ぼやぼやしていると波が落ちるので,仕事貯まりまくり上等で出撃。

ポイントイン。先行者1名。

いーサラシがあるじゃないですか。

数投後。先行者さんにヒットっ!
タモ入れで協力する。<ホントはそんなよゆーはないけど,よゆーのあるふりをしてみる(笑)。

その後はがぜんガチモード。
サラシがうすーく消えていく際めがけてギラッとしたでかいヤツを投入。
<狙えるほどの腕はないけど,本人はものすっごい狙ってるつもり(爆)。

泳ぐか流されるかのギリラインでリトリーブ。

そしたら「ク。」
<ム? ちょっとトゥイッチ入れてみる・・・。

そしたら「クククッ」
<!!!! フッキングっーーーーー!

きました。いーーーー引き。
<しばらく釣れてなかっただけに感動・・・。
後はばらさずキャッチするだけ。

ここで,先行者の方がキャッチに協力してくれて無事ゲット。
<自分でキャッチしてないじゃん・・・。

Ms2009_01

今年初釣果。79cmと認定。

よーしっ。

たまった仕事しよっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

釣行記 20090118 プリップリのプリ

仕事の都合上この1週間は釣行に出かけるのはかなり困難なことが予想されたので、無理やり日曜日に出撃してきました。

今回の目的は2つ。

一つ目はプリップリのプリを狙うこと

二つ目は新しく購入したロッドに慣れること(レビューは最後に載せてます。興味のある方はどうぞ)

時間的&メンタル的&気象的(西風が吹くtyphoonrainの予報)に回遊待ちのくそ粘りの釣りは不可能なのであらかじめポイントは3つに絞っての釣行。

今回は当日が休日であったことと、実家からの出撃であったことも手伝って17:00に第一ポイント付近に到着することができた。

早速海況を把握&準備。

波が少し穏やか過ぎる気がするが、こればっかりはどうにもならないbearing

幸い西風はまだ吹いておらずこれだけでずいぶん助かるが、雨はすでに微弱であるが降り始めていた。

第一ポイント

ここは地形の変化に富んだシャローなサーフ。

個人的にとても好きな場所。

が・・・

今日は底荒れ気味なのかワンキャストごとに海草がフッキングしてきてしまうshock

こりゃ釣り以前の問題と思い、時間もないので僅か30分で移動。

第二ポイント

・・・の予定だったが、先行者の影coldsweats02

普段も先行者が散々叩いた後にポイントインしてるなんてことはザラだとは思うが、人の姿が見えているのはさすがにキツイ(特にこういうポイントは・・・)

スルーの決断

第三ポイント

ここは昨年隊長率いる隊員がこの時期に他のポイントではなかなか見られなかったプリップリのプリをプチ爆した場所(詳しくは隊長のシーバス日記 [SixthSense Fishing] 2008年1月22日釣行   もう全てがアフターなのか?編を参照されたし)

ここも今日は心地よいフォローの風が吹いている。

まずはないと思いながらもシャローランナーを投入。

・・・10分経過・・・無反応(予定通り)

おもむろに今日この場所での本命ルアーに交換する。

一投目・・・無反応(潮が緩慢sweat01

二投目・・・無反応(フォローの風に運ばれてルアーは70m先に着水気持ちイイhappy01

三投目・・・70m先に着水・・・10巻・・・『ガツン』

『ちょっと重いかも』

率直な感想である。

ここでニューロッドの実力を試すべくすかさずゴリ巻き鬼寄せ体制に入る。

そのおかげか、かなりがんばっている気はするが、一度も主導権を握られることなく魚体の確認できる位置まですんなり寄せることができた。

ランディングに多少時間を要したが、あがってきたのは79cm、4.3kgのグッドプロポーションな鱸(惜しくもまたもやランカーならず)

P1180150_r_3

画像では伝わりにくいですが、体高が半端ないっすsweat01

プリップリのプリということで目標達成happy01

その後まだまだいけそうであったがランディングでリーダーを消耗し、交換が面倒&満足だったのでここで納竿とした。

やはりこの場所にはこの時期のプリな鱸をひきつける何かがあるみたいだ。

次回も狙ってみようかな・・・

いつまで釣れるんだろう・・・

で、今回使用したロッドですが、G-craftの【磯丸&川鱸専用設計】 SEVEN-SENSE Mid Stream < River & isomaru special > MSS-962-PE

になります。

G-craftのロッドは以前から使用してみたかったのですが、なかなか在庫が見つからず、メーカーのホームページをしつこくストーキングしていたところ、今回新型が出るということで飛びつきました

G-craftといえば飛距離ですが、今回のこのロッドにもその遺伝子はきちんと受け継がれています。

不思議なのが、テーパーがなせる業なのかどうか分かりませんが、自分みたいなへたくそが投げてもルアーがライナーで飛んでくれます。

そして、慣れてくると他のロッドではなかなか味わえなかった最後の一伸びが期待できます。

ファイトですが、確かにパワーはすごいです。その上パリパリ設計ですが意外にも柔軟に魚の引きをいなす?とは違うような気もするんですが、追従するというかなんといったらいいか言葉が見つかりません。

このファイト時の感覚はBRANZINO 96MMLと大きく異なる点です。

ただ、軽いルアーを投げるのは現段階では96MMLのほうが楽に飛距離が出ます。多分慣れの問題です。

Img_0201_3

見る人が見れば分かるバットガイド

Img_0207_3

強烈に漢心をくすぐるカーボンリールシート

興味のある方是非shine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

見知らぬ天井   THE SEABASS

はい、
釣れたら登場の  M です。

コノ時期といえば、 はたはた。
ですね。
まちがいありませんか?
まちがいありません。

自分仕事が10、11、12月は激務な業種でして、
今回もほぼ、一か月ぶりっ。
海も荒れてたしね。

『はたパタ』 で釣れ出したのは聞いておりました。
ポイントもみなさんご存じの場所ですね。
でも、場所取りやら、なんやらで、いろいろあるみたいですね〜。
いやですね〜。

へそ曲がりで、
協調性なくて、
B型全開で、
わがまの人間のわたくし。

行って参りました、『はたパタ』C級ポイント。
ダレもいません。^^v

濁りもそこそこ、釣れるオーラがポイントから漂ってますよ。
1時間爆撃するも沈黙。
最後の5投の3投目で        ヒット      !!!!
『ニョ〜〜〜!』
ガンガン首ふってます!  水中で!
さぶくて、合わせが上手くいかず、
バレてしまいました。
C級Pにつき、これ以上は望めませんので、
ポイント移動します。

お天気が予報と全てはずれてまして、
ちょっと作戦変更。
この時点で、雪だか、あられだか、あめだか、乱れ撃ちだし、
西風ボーボーだし、すごいさぶい。

ここも『はたパタ』としてはC級ポイントです。
ただし、条件がそろうと〜・・・・・・・・・・・・・・・・釣れるんだな〜。
生意気だって言われちゃうな、隊長に。

いませんね。アングラー。
ルアーはお気に入り150mmサイズ。
冬は、モビルアーマーみたいなでかいルアーで、
釣れ易くていいね。
サラシの際爆撃。
でも、違うなあ。
よくよく見ると、サラシが遥か彼方まで伸びています。
角度によっては暗くて見えませんが、
確実に波の水流を伴ってサラシが伸びています。
『そこずら』
幅のあるサラシなので、フルキャスト。
1、2、3、『ごっ!』
ヒットしましたよ〜。
なんとか合わせもOK!
ほんっとさぶいんで、変な動きで合わせてますね〜。
あんまり引かないのはこの時期多いですけど、
以外とでっかいコトも多いので、
慎重にシンチョウに戦闘ですよ。
波の避けれる場所まで移動し、
ハンドランディ〜〜〜〜ング。  オーシャングリップですけど。
我ながらですが、とってもキレイなお魚です。
70後半Mサイズなので、ちょっとさびしいけれど、
いいよ!      釣れたから。

来てよかったわ。
2009初で、一か月振りで、C級ポイント、天候悪化、
デカクはないけど、出来過ぎだよね〜、なんて思ってたら、
2日後の作戦は、あえなく撃沈。

上越の海の、白く砕けて広がった潮がくれた、遅れて来た冬の出来事

 P1070186

いやっ、ほんと、寒”かったよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »